必要な書類

まず、通常の自動車を買取としてお願いする場合(所有者と使用者の名義が同一)について、必要となる書類です。そのほかにもありますので、忘れずに用意しましょう。

具体的には、印鑑証明書、委任状、譲渡証、納税証明書、実印、住民票(車検証の住所と現住所が異なる場合に必要)です。こちらが用意するものとして、実印や印鑑証明書がありますが、あとは買い取り業者が用意してくれるものと思っていいでしょう。

万が一、ほかに必要な書類があると困りますので、事前に買取業者から細かく詳細を聞いておくことをおすすめします。スムーズに用意するという簡単なことですが、これが出来るか出来ないかで買い取りされる日程が変わることもあります。よく注意しておきましょう。

所有権付きの自動車の必要書類です(ローン中のクルマなどが該当します)。この場合、必要となるのは印鑑証明書、委任状、納税証明書、完済証明、住民票(車検証の住所と現住所が異なる場合)です。自動車の契約や持ち主の状態によって、用意する書類が異なりますから、ついついうっかりして、間違わないようにしてくださいね。