買取と下取りの違い

買取は文字通り、車を買い取るだけのことで、下取りは車屋で自動車を買うにあたり、新しい車を買うことで今乗っているクルマを売ることを下取りと呼んでいます。

新しい自動車を買っても、違うところでクルマを売る場合は買い取りという具合です。たいした違いはないようですが、業者の立場から言うと大きな違いがあるようです。その違いとは、自分の会社で新しい車を買ってくれるかどうかということになります。くるまの価値は変わりませんので、基本的には査定価格は同じなのですが、クルマを買い取る業者側としては大きな違いが出るのです。

査定価格は世の中の流通相場から逆算し、この金額で買取って、その後これくらいの金額で売れれば利益が出るという、推測の下で成り立っていることはご存知でしょうか。買い取りという制度は、業者が買い取って、その車を何らかの形で売って初めて利益が出る仕組みです。よって買取店は、買い取ったクルマしか利益につながらないというわけです。そうなると、買い取った自動車でなんとか利益を出さないと損をします。しかし、下取りは車屋は新しいくるまを売ることによって利益が出ます。ですから、業者側としては、お客様に新しい車を売ることと、下取りのクルマを売ることで、2回利益が発生します。そうなると多少強気の金額を提示できる場合がありますので、下取りに出すと意外といい査定が期待出来ます。