契約する前に注意すること

売買契約金額(買取価格)の支払いはだいたい、銀行振り込みになるようです。ここで確認しておきたいのが、支払いの時期に関してです。自動車と名義変更に必要な書類を渡してから、概ね2日から10日以内に銀行振り込みされると思っていいでしょう。大手の自動車買取業者であれば、支払いが滞る可能性は低いと思いますが、この支払い額を新車の購入代金や中古車の購入代金に当てる場合は、要注意。

新車であれ、中古車であれ、納車までには全額支払いを済ませなくてはならないケースがほとんどなので、契約書に記載してある支払い時期を必ず確認しましょう。買取金額と支払日(支払い期日)を記入する箇所がある契約書だと安心すると思います。

あとは名義の部分です。確実に名義変更してもらえれば、特に気にしなくてもよいと思いますが、出来れば早く変更して欲しいもの。この名義変更の時期に関しては、通常は契約書に明記していません。

しかし、名義変更前に事故や交通違反などが絶対にないとは言えません。万が一、警察などから呼び出しや被害者などから損害賠償を請求された場合に備え、必ず売買契約書は保存すること。このあたりが事前のに注意することです。