とにかく粘ってみる

1番手っ取り早く、堅実な方法として、「粘る」という王道を試してみるのはいかがでしょうか。とはいえ、とにかく粘ってみると一言で言っても、実際にやるとなれば難しいでしょう。しかし買い取る側も、査定をしたのならその自動車を買い取らせて欲しいと当然思うわけです。そこで少し粘ってみて、いい条件が出るのなら粘るということをやってみる価値はあるでしょう。

買取店に行き、査定をしてもらうとします。査定価格を伝えられてすぐに返事をせずに、もう少し高値だと嬉しいのですがと素直にお願いしてみるなり、「思ったよりいかないなぁ」とつぶやいた後に黙りこくるなり、方法はいくらでもあるとは思いますが、とにかくふたつ返事でOKをするのではなく、何らかの方法で返事を濁してみると意外と考え直してくれる場合があります。

しかし、それはあくまで金額によっては手放すことが決まっているのが前提です。買い取る側もプロですから、あなたに自動車を売る気があるのか、それとも単に金額を知るため、または、他社との比較のためかは話をしていればあなたの言動からだいたいのことは見えてわかるものです。あくまで本当に売る気があるという前提での技として、粘る分にはいいでしょう。