きれいに・清潔に

これはごく当たり前のことなのですが、自動車を高値で買取してもらいたいなら、まず何よりも内装、外装共にきれいに・清潔に掃除をすることが大事です。

そんなことで査定が上がるわけがないと思いましたか。もちろん査定基準にきれいに・清潔に掃除をしているかどうかはあまり関係ありませんが、間接的には影響を与えるのです。どうしてきれいに・清潔にすると良いかというと、自動車が汚いということは、持ち主は、そのクルマを大事にしていないということがわかるのです。そういう方の車は、メンテナンスが行き届いてなく、程度が良くないという場合が目立ちます。大事にしない理由に、初めは大事にきれいに乗っていたのにもらい事故を何度かしたといったような、そのクルマに対するマイナスの感情が原因のときがあります。そうなれば洗車どころか、待っているだけで可能な、エンジンオイルの交換すらほとんどしないといったケースもあるでしょう。

ですから、掃除すらされていないクルマを査定するときは、何かあるかもしれない、それを見逃してはいけないと、細部にわたるまで徹底して査定されると思ったほうが無難です。まずは出来る限り良い印象を与えるためにも、車をきれいに・清潔にしてから査定に行きましょう。