悪い箇所は直す

悪い箇所は直すという意味について触れましょう。内装、外装がきれいにされていないどころか、バンパーの角やボディーに大きな傷や凹みが修理せずにそのままにしているのは問題です。

査定をしようがしまいが、自動車の大きな傷や凹みはきちんと直しておくといいでしょう。少し余談になりますが、傷や凹みをそのままにしている方の中には、あちらこちらに売掛金を残して、支払いをせずに、次に何かあったら違うクルマ屋に行くというケースがあるようです。

たとえばこういった方の自動車を買い取ってお金を支払っても、その後に他社の売掛金などが残っていると、クルマの名義を変えられないという結果になります。

こういったケースが実際にあるので、買取る側も当然シビアに対応します。自分はそうじゃないとしても、そう思われたら損ですので、直しておいた方がいいでしょう。また、外装の傷、凹みはなくても、たとえば、パワーウィンドウが動かないとか、ドアのロックが作動しないといった故障のような、日常生活に明らかな不便をきたすような故障は先に述べたような、もっと他にひどい事故をしたのかもしれないということを連想させるので、直しておくことをおすすめします。

今から売ろうというクルマを直すのは気がひけますが、買取店もどちみち修理代を査定額から差し引く仕組みになっています。